<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

つかさとTwitterとtwnovel。

さてさて。

つい、先ほどのエントリーで最近はTwitterをアクティブに使用していること、並びに柊つかさが好きなことに触れたのですが、この件について少々踏み込んでみます。

『らき☆すた』というのは、もともと角川のアニメ・ゲーム系雑誌に連載されていた四コマ漫画で、後にアニメ等のメディアミックス展開がなされた作品なのですが、いわゆる「オタク」な層との親和性が非常に高く、一昨年あたりからそちらの界隈に一気に浸透しました。

アニメに興味のない人でも、インターネットに触れていたら何かしらの形で一度はそのキャラクターを目にしたことがあるのではないかと思われます。

それくらい、この作品とそのメインキャラクターは、常識というか共通知識としてインターネットに浸透したわけです。



さてと。

この作品の主要なキャラクターは約4名いるのですが、その中で僕が惹かれてやまないキャラクターが『柊つかさ』です。

説明が非常に難しいのですが、これはいわゆる「萌え」とかそういうのではなく、さらに言えば一般の「かわいい」という概念をも超越した、得体の知れない魅力を持ったキャラクターなのです。

いえ、原作では別にそんな得体の知れなさは本来持っていなかったのですが、ネットに浸透していくにつれて「つかさがかわいい」という概念が形而上的に先鋭化し、得体の知れない存在になってしまったのです。

「得体の知れない」と言うと不気味に感じますが、確かにある意味不気味な領域に達しつつも、しかし「かわいい」。

とにかく説明が困難なのですが、この件については、こちらの評論が非常に良くまとまっています。
つかさは「存在」「現象」「文字」そして「ブレイクビーツ」

いくつか文章を引用してみましょう。


>「つかさ」は「つかさ」です。「らき☆すた」の柊つかさ。だったもの。
>しかし、ここでは今や完全に素材と化した「つかさ」です。つかさ、ブレイクビーツ。

>とはいえ、そこに描かれるのは「つかさではない何か」ですが、「つかさ」以外の何者でもありません。ではなんぞや。なんだこの禅問答。 

>絵は自由です。しかし絵を描くとき、キャンバスが必要です。PCの上に最初に白い四角い枠を作らなければいけません。絵の具がなければいけません。ソフトがなければいけません。
>その素材と枠こそが、「つかさ」になっている気がします。


……とまあ、このように漫画・アニメのキャラクターを超越して、抽象概念にまで昇華された非常に特異な現象が「柊つかさ」なのです。

つかさかわいい。



----------------------------ここまで、つかさ----------------------------

----------------------------ここから、Twitterとtwnovel----------------------------



さて、私は長らくの期間、小学館の公募していた「携帯メール小説大賞」に掌編を送っていました。

特段作家志望と言うわけではなく、ただ小説めいた文章を書くのが好きだった自分にとっては恰好の遊び場だったわけですが、2009年の春をもって残念なことに公募が終了してしまいました。

これに代わる遊び場を見つけるには至っておらず、現在は公の場に公表することを前提とした小説は、特に書いていません。

何か思いついたときに、ちょこちょこと書いてはいるのですが、飽きっぽいところがあるのでどれも未完だったりと中途半端な状況です。

ある程度書けたら、同人誌を出すなり、出来によっては商業出版に持ち込んでみようかとは思っていますが、しばらくは先の話になりそうです。



ところで、最近はブログを放置してもっぱらTwitterを利用しているわけなのですが、このTwitterの世界に「twnovel」なる文化があります。

Twitterというもの自体が、一言メモみたいな場所なので1つのpostあたり140文字迄という制限があるのですが、この非常に限られた字数の中で小説を書く、という試みです。

1000文字でも小説として一つの世界を描くのがあれほど困難なのに、いわんや140文字をや、です。

しかし、これがなかなかどうして、140文字で小説を書くなどというのは想像を絶する険しさであるにも関わらず、逆に140文字で済むという「手軽さ」があるため、なんというかハードルが高くて逆にくぐりやすいような、却って多くの人の興味と参加を招く状態になっています。

一例として挙げられるのがこれでしょうか。
【Twitter小説】売体祭りまとめ【初めて体を売ったのは十歳の時。】

見ていただければお分かりの通り、突発的な出来事であるにも関わらず、たった一晩のうちに延べ50名以上の書き手が同じテーマでのtwnovelに挑戦しています(僕もその流れに乗っかった一人なのですが)。

以前にケータイ小説についてちらりと雑感を述べたことがあるのですが、このtwnovelという新しい文化も含め、「小説」を取り巻く現状はもの凄い勢いで変化、もとい多様化しています。

それだけメディアの種類が増えたということなのでしょう。

この潮流は、到底私一人で追えるようなものではありませんが、こういったドラスティックな時代に生まれることが出来たのは、非常にラッキーだと思っています。

次はどんな変則小説が出てくるのやら。


----------------------------ここまで、Twitterとtwnovel----------------------------

----------------------------ここから、つかさとtwnovel----------------------------
[PR]
by cos_ary | 2009-12-14 21:47 | 小説

8ヶ月ぶりの更新

うわっはー。

ブログ放置は以前から示唆していましたが、ちょっと予想以上に間が空いてしまいました。

原因は明らかにTwitterです。

ブログからTwitterに軸足を移した所為です。

一応説明しておくと、Twitterというのは「ミニブログ」とも説明されるWebサービスで、ちょっとした思いつきやメモや、あるいは他のユーザとの会話なんかを一言ずつ書き込むものです。

ちなみに僕のTwitterアカウントはこれです(『らき☆すた』の柊つかさが好きなので色々とつかさまみれです)。

使い慣れると便利で楽しいので、感覚としてはすっかりブログの代替になってしまっていたのですが、やはり落ち着いて考えてみるとブログとは全然違うものですね。

Twitterは散漫な落書きが中心になりますが、ブログは比較的まとまった文章を書くので(あくまでも比較の話で、結局僕のブログの本質は散漫な落書きに過ぎませんが)、これはこれで良いなと。

そんな再認識をいたしまして、とっても久しぶりに帰って来ました。ただいま。



今後のここのブログの使い方ですが、有好從桜名義での活動について色々書いていく場にしたいです。

小学館の携帯メール小説大賞も終わって、公の場にこの名が出る機会も久しくなくなっていたわけですが、近い将来、今度は小説とは少し違った分野でこの名前が世に出ることになりそうです。

詳細はまだ書けませんが、発表できる段階になったら改めてここで報告をいたします。

ではでは。
[PR]
by cos_ary | 2009-12-14 20:29 | 雑記