<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

うんこと小説

はてさて、先々月の『尻穴ピアニスト』に続き、二ヶ月ぶりに携帯メール小説の佳作をいただきました。

今回の作品は『太陽と大腸』。

おそらく2009年1月20日あたりまでの期間限定で、下記URLにて掲載されると思います。

http://www.quilala.jp/prize.html

興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか。

相変わらず、他の受賞作の方が面白いので僕はそちらをすすめますが。



さてさて、それにしてもこの前が「尻穴」で、今回が「大腸」とはこれいかに、ですよ。

消化管の出口からスタートして、徐々に逆流していってます。

次は小腸でしょうか。

それとも、今後は肛門と大腸を往復しつづけるのでしょうか。

個人的には、後者がいいです。うんこっぽくて、なんだか自分に合ってますし。

そんなわけで、1月20日の締め切りには尻穴小説を応募してみます。
[PR]
by cos_ary | 2008-12-23 21:21 | 小説

地底人が襲ってくる

最近、また『きらら』の携帯メール小説大賞にちょくちょくと応募をしているのですが、今月は年末進行の関係で締め切りが早く、ついうっかり出し損ねてしまいました。

一応、締め切りが早いという事実は認識して間に合うように書き進めていたのですが、あまりにつまらなすぎる内容だったので送るのを躊躇していたら、いつまにか期限を過ぎていたという。あれまあ。



で、そのあまりにつまらなすぎる小説ですが、もう今後使うこともないので内容を明かすと、なんかこう地底人が人間の中に紛れている!みたいなお話です。ああ、この時点でつまらない。

で、この地底人にはいくつか特徴があります。せっかくなのでそれらを箇条書きにしてみましょう。

・普段は土の中に埋まっていて、主に虫を食べたり石油を飲んだりしている。

・人間と同じ食べ物を食べることで、人間に姿を似せることができる。

・特に好む人間食は、人工甘味料。

・目玉が6つくらいあるが、うち4つは機能していない。

・肛門が5つある。これは機能している。

・関節を逆方向に曲げられるが、普段は我慢している。

・普通の人間より多めに二酸化炭素を吐いている。

・フケに砂金が混ざっている(地底人は生きた鉱脈であるため)。

・ちょっとだけならかめはめ波が出せる。

・人間界で、こっそり尻子玉を収集している。

・猫の背中にワインをかけることが、ひそかな趣味。

・地底人は主に原宿に集まる。

以上。



もし、これらの設定を上手に調理して面白おかしいエンターテインメントに仕立て上げられるという凄腕のシェフがいれば、喜んでこの食材を提供したいと思います。

腕に自信のある方は、勝手に持っていってくださって構いません。

無断流用大歓迎です。
[PR]
by cos_ary | 2008-12-11 03:41 | 小説

決断力

書店で『決断力』というタイトルの本を見かけました。

表紙に東国原宮崎県知事の写真が使ってあったから、東国原氏の著書なんだと思います。

どうでもいいですが、Macの漢字変換(ことえり)では「ひがしこくばる」が変換できません。固有名詞(特に人名)には強いはずなんですが。(例えば、「まやみねお→魔夜峰央」とかでも一発で変換できる)

まあ、ことえりへの愚痴は置いといて、問題は『決断力』です。

僕の記憶では、2,3年前か数年前か、将棋の羽生善治さん(これは一発で変換できました)がそんなタイトルで本を出していたと思うんですよ。

シンプルでありがちなタイトルなのかもしれませんが、文筆家ではない著名人の著書が、タイトルでかぶってしまうというのはなんだか妙な感じです。

東国原氏を非難する気は全然ないんですが、なんだか後出しジャンケンのような印象が否めません。

しかしまあ、本のタイトルをそれに決断しちゃったんだからしょうがないですね。

それに、こんなことを気にしているのはたぶん僕くらいだと思います。



それにしても、決断力という言葉は「ケツ弾力」という、幼稚でありながらよく考えると魅惑的なフレーズを想起させるので困りものです。
[PR]
by cos_ary | 2008-12-03 04:34 | 雑記