<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

iMacと小説

五月分の給料が出ました。

社会人になったことを、少しだけ喜べる瞬間です。



そんな給与ですが、どうしても新しいiMacが欲しかったので、丸ごとApple社に振り込んでしまいました。

よくよく考えれば、いや考えなくても自分はアホなんじゃないでしょうか。

とりあえず、赴任旅費手当なる臨時収入を頂いたので、それで一ヶ月くらいは過ごせそうなのが救いですが。

と思っていたら、なんかうちの彼女様が急遽お金が必要になったとかで、一ヵ月分の生活費をお貸しすることになりました。

……あれ? 僕の生活はどうすれば??



こいつは困りましたね。

調子に乗ってiMacなんて買うんじゃありませんでした。

やはり自分はアホですね。

でも、まあなんとかなるでしょう。



そういえば、その昔興味本位で質屋に行ったことがあるんです。

OMEGAの時計とHERMESのネクタイを持って行ったんですが、二束三文にすらなりませんでした。

案外ケチなもんです。

というわけで、質屋はなしだな。

久しぶりに携帯メール小説にでも投稿して、賞金を狙うと言うのも面白そうですね。

まあ、問題は今から出して仮に入賞しても、賞金を手にするのがはるか先ってことでしょうか。

ああ、つくづく自分はアホですね。
[PR]
by cos_ary | 2008-05-24 05:10

ししとうのこととか

この前、指導医の先生がCTの写真を見ながら、

「このヘルニアは『ししとう大』だな」

って言ってたんです。

なんでししとうなんだ、と不思議でした。

いえ、分かりますよ。ししとうの大きさ。

想像はしやすいです。

よく食べますし。

でも、なぜあえてししとうなのがわからない。

同じような大きさの、もっと例示にふさわしいものはあるでしょうに。



とか色々思ってたんですが、どうやら「示指頭」つまり「人差し指の先」のことだったようです。

あー、そういうことだったのか……。

そりゃまあ、そうですよね。

でも、ししとうって言ったら普通は緑でときどき辛いあれですよね。

医学は難しいです。



そうそう。

話は変わりますが、研修医同士で、超音波エコー検査の練習をしてたんですよ。

みんな帰った後の夜の検査室で。

そしたら、なんか僕の腎臓には丸い嚢包があることが判明しました。

うはー。まじか。

なんか色々と、意外で困ります。



あ、そういえば先日、「縫合はできないけど糸結びはうまい」と自慢しました。

あれから数日、今日、ふと急に縫合も任されました。

ぶっつけ本番みたいな感じでしたが、なんとか綺麗に傷口を縫い合わせられた気がします。

というわけで、結ぶだけでなく縫うこともできるようになったぽいです。

ただし、マットレス縫合しかできません。

やっぱり医学は難しいです。
[PR]
by cos_ary | 2008-05-19 21:58

取り違え

現在、ローテートで外科を研修しています。

手術のある日は術衣に着替えて手術室に入るわけですが、ここでよくヒヤリハットな体験に遭遇します。



手術中は髪の毛などが落ちないように専用のキャップをかぶるのですが、そのキャップの入った箱のすぐ隣に、スリッパにかぶせるカバーが置いてあるんです。

これが、似たような色をしている上に形まで似ているので、うっかり頭にかぶりそうになります(まだかぶったことはありません)。

意外と、医療ミスというのはこういうところから起こるのかもしれません。

怖いですね。くわばらくわばら。



それはそうと、点滴が何回練習してもできません。

針が血管に入らないんです。

採血はできるんですが。

不思議と、点滴になるとうまくいきません。

血管から抜くのはできるのに、血管に入れることはできない。

なんなんでしょうこれは。

何かの呪いでしょうか。



あ、でも傷口とかを縫った糸を結ぶ作業だけはうまいと言われます。

少なくとも、ここ最近の研修医の中では一番うまいそうです。

他に自慢することがないので自慢してみました。

ただ、傷口を縫うのは下手以前にそもそも出来ないので、専ら結ぶだけです。
[PR]
by cos_ary | 2008-05-16 20:19

ケータイ小説について思うこと。

おかしいなあ。

何度かブログを更新した記憶はあるのに、今日見たら全然そんなことない。

放ったらかしで荒れ放題じゃないですか。

いけませんね。



新生活が始まりました。

ちゃんと適応できているかどうか、自信を持って答えることはできませんが、まあなんとかやってます。

さてさて、そんなことよりここ最近、書店に行くと決まって入り口周辺に「ケータイ小説コーナー」が設置されています。

それを目にするたびに不安な気持ちになって、そこに平積みされた本達を眺めるのですが、今のところ、その中に僕が関与した本を見つけたことはありません。

一安心。
[PR]
by cos_ary | 2008-05-06 01:59 | 小説