<   2007年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「文体練習」

小説を趣味とする者として、今更ですがレーモン・クノーの『文体練習』(訳:朝比奈弘治)を読みました。

創作者を目指す人は必読とかなんとか、一部では有名な本ですが、知らない方も多いと思うので、簡単に説明します。

ひとことで言うと、なんでもない出来事を、99通りの文体で書き分けるという「言語遊戯」を試みた実験作です。

まず、「1.メモ」としてこう始まります。

「S系統のバスのなか、混雑する時間。ソフト帽をかぶった二十六歳ぐらいの男、帽子にはリボン代わりに編んだ紐を巻いている。首は引き伸ばされたようにひょろ長い。客が乗り降りする。その男は隣に経っている乗客に腹を立てる。誰かが横を通るたびに乱暴に押してくる、と言って咎める。辛辣な声を出そうとしているが、めそめそした口調。席があいたのを見て、あわてて座りに行く。
 二時間後、サン=ラザール駅前のローマ広場で、その男をまた見かける。連れの男が彼に、『きみのコートには、もうひとつボタンを付けたほうがいいな』と言っている。ボタンを付けるべき場所(襟のあいた部分)を教え、その理由を説明する。」

ヤマもオチもイミもないエピソードですね。

これが、以下98通りに変奏されます。



例えば、「17.合成語」では

「白昼都心的な時空間のなか、わたしは満雑混踏するバスデッキで、編み紐巻き帽かぶりしたひょろ首の小癪者と、となり立ちしていた。その男は相乗り横客に『ぐい押しわざ突きしないで欲しい』と言ったあと、あわて飛んで席取り走った。あとときの別所で、わたしはその小癪者が知らず人といっしょに、サン=ラザっているのを見た。知らず人は『きみのコートには上付けボタンしたほうがいいな』と教勧導示しながら、その美装釈説をしていた。」

と、同じ状況をむやみに造語を駆使しながら描きます。

とにかくずっとこの調子で、「48.哲学的」では

「非蓋然的時間的偶然の本質性を現象学的精神性に提示する事は大都会にのみ可能で有る。S系統のバスと言う無意味かつ道具的な非実存的存在物中に時として身を置く哲学者は、其処に於いて虚栄の長首と無知の帽子的編紐に苦しむ世俗的意識の束の間の色褪せた出現を、明晰な松果腺的視線に拠って認識する事が可能と成る。真のエンテレケイアとして実現される事の無い此の質料は、意識の重みを有さない身体的機構の新バークリー主義的非在に対して、攻撃的エラン・ヴィタルの定言的命令の中へと往々にして身を投じるので有るが、此の様な倫理的姿勢はより無意識的な存在をして無の空間性の中へと突進せしめ、其の存在の第一元素と鉤形原子への分解を惹起するので有る。
 哲学的探求は通常、非本質的服飾的な其の模写物を伴う同一存在との偶発的出会いに於ける神秘的象徴解釈に於いて、其の作業を続行するので有るが、其の模写物は元の存在に対して、社会学的に過度に下層に位置するコートのボタンの概念を悟性の領域内に於いて転移すべき事を仮想的存在の相に於いて要請するのである。」

といった具合(ちなみに、このページのみなぜかゴシック体です)。



さらに、後半になるとネタも尽きてくるかと思いきや、どんどん筆が乗ってきて、あらぬ方向へトンガってゆきます。

例えば、「95.幾何学」

「方程式 84x + S = y によって示される直線上を移動する直方体の内部において、人体面Aは、長さ l ( l > n ) の円筒部分の上部に、二つの正弦曲線によって囲まれた球帽を持つものとする。この人体面Aが、もうひとつの野卑(トリビアル)な人体面Bとの接点を持つとき、その接点は怒りの尖点(カスプ)となることを証明せよ。
 この人体面Aが相同(ホモローグ)の人体面Cと交わる場合、その接点は半径 r ( r < l ) の円板である。人体面Aの鉛直軸におけるこの接点の高さ h を決定せよ。」

と、わけのわからない事態になっています。



さらに、「97.間投詞」では、

「さて! うわあ! むっ! うう! ふうむ! ああ! ぐふっ! んっ! おおっ! ふうん! ちっ! んむっ! あいっ! はは! うっ! おい! ん! ええー! ふうーっ!
 おやっ! はあん! ふむ! ほう! へえー! よしっ!」



奇書です。



ちなみに、値段は3398円+税。

これを高いととるか安いととるかは、本当に人によると思います。

僕は、今後の創作の糧になるかと思い投資したのですが、まだ手応えがよくわかりません。

ただ、3398円+税分くらいは楽しませてもらえました。
[PR]
by cos_ary | 2007-04-30 12:26 | 読書

スネック

変な夢を見ました。



スキンヘッドの男達がバスケットボールのコートで、何か球技をしています。

男達は、一歩ずつ思い思いの方向に足を踏み出しながら、ボールを相手にパスします。

結構早いリズムでボールは回されます。

どうやら「二拍子に従う」という厳格なルールがあるようです。

そして、男達はボールをパスするたびに「スネック!」「スネック!」「もひとつスネック!」と叫んでいます。

これもルールみたいです。

ゴール下の男は、動きません。

彼はシュートに失敗したボールをキャッチする係で、素早く球を捕ると、やはり「スネック!」と言って他の誰かにボールを投げます。

彼は他の人のようにボールを投げるときに一歩足を踏み出すことはなく、ひたすら同じ場所に立っているだけです。

そこで、ゲームが中断されます。

「おい、お前。そこは『スニャック』だろう!」

とスキンヘッドの誰かが言っています。

どうやらゴール下の彼は「スネック」ではなく「スニャック」と言わなきゃいけないようです。



そんな感じで「スネック」「スネック」「もひとつスネック」、たまに「スニャック」といった感じで、ひたすら速いテンポでボールが回されます。

パスに失敗するごとにどちらかのチームに点が入るのですが、人がいない所に球を投げるのが悪いのか、ボールが取れないのが悪いのかもよくわかりません。

ただ、シュートは関係なくパスの途切れで、点数が決まるようです。

男達はみんな同じスキンヘッドなので、どういう風にチームが分かれているのかも不明です。



ちなみに、シュートに失敗するとコートの外にいる女性が鐘を使って荘厳な音楽を奏でます。

シュート成功したときには、特に何もありません。

ただ球をキャッチして「スニャック」です。





何より驚いたのは、このスポーツが実はお笑いグランプリのネタだったということです。

スキンヘッドの男数人と女性一人は、お笑いユニットだったのです。



競技終了後、審査員の講評がありました。

「もう0.75%ボリュームを絞ってほしかった」

「もっと豪快なネタが見たかった」

「君たちは豚骨ラーメンを作るネタの方が面白い」

などと言われていました。



僕は「これも結構豪快なネタだと思うけどなあ」と思いつつ、豚骨ラーメンのネタがどれほど豪快なのか、ぜひ見たいと感じました。

あと、0.75%くらい別にいいじゃないかとも思いました。



大体この辺で目が醒めました。

終わります。
[PR]
by cos_ary | 2007-04-30 08:31 | 日記

映画を観た

名探偵コナンの映画を観ました。

何年ぶりだろう、コナンなんて。

いろいろツッコミどころがありすぎたのですが、僕はツッコミよりボケの方が得意なので、その件については沈黙することにします。

林原めぐみって良いですね。

何を今更、という感じですが。



そんなことより、予告を見ていて驚いたんですけど、ポケモンの映画、主題歌がサラ・ブライトマンなんですね。

どういう因果関係で。
[PR]
by cos_ary | 2007-04-29 17:48 | 日記

もひとつついでに

テレヴィを作った日本人は、柳生さんではなく高柳さんだったみたいです。

柳しか合ってない!!



適当なこと言ってすみませんでした。
[PR]
by cos_ary | 2007-04-29 12:41 | 訂正

そうそう

昨夜、テレヴィで「世界一受けたい授業」なる番組も見たんです。

で、造顔マッサージなる美容法を紹介していたので、僕もテレヴィを見ながら真似して顔をこねくり回してみたんです。



朝起きたら、目の周りがやたら腫れていました。

(※効果には個人差があるそうです)
[PR]
by cos_ary | 2007-04-29 12:36 | 日記

テレビの話

今日の『喰いタン』は、いまひとつでした。

先週が面白すぎたからでしょうか。



軽自動車のCMに出てくるマザコンの青年が、個人的に少し気色悪いです。

あとは、DAKARAのCMに複雑な気持ちを抱いてしまいます。



こんなことを書くと、テレビばかり見ているようですが、テレビは友人の家に行ったときにしか見ません。

一応テレビは持っていますが(NHKの料金も払っています)。

毎週土曜は、わざわざ『喰いタン』を見るために、人のうちに上がり込んでいるのです。



ところで、大林宣彦さんが、自身のブログでテレビのことを「テレヴィ」と表記しておられました。

すこぶる正しい。

以後、見習おうと思います。



テレヴィ、テレヴィ!!

開発者は柳生さん!(うろ覚え)
[PR]
by cos_ary | 2007-04-28 23:06 | 日記

地震

昨日地震がありました。

岡山は震度3。

それなりに揺れました。ぐらぐら。



地震の起きたとき、僕は手術室にいました。

手術の見学です。



いきなり手術室がぐらぐら揺れたときはびっくりしましたが、執刀している先生たちは全く動じていませんでした。

さすが、プロは肝が据わっているなあと感心していたら、誰ひとり地震に気付いていなかった模様。

……あんなに揺れたのに!?



肝が据わってるとか据わってないとか、もはやそういう次元じゃないみたいです。

なんでしょう、集中力でしょうか。

すごいような、逆に怖いような。



なんにせよ、医者ってやっぱすごいです。
[PR]
by cos_ary | 2007-04-27 19:51 | 日記

コーラン

友人がコーランをくれました。

僕の誕生日プレゼントです(一ヶ月以上遅れちゃいましたが)。

意外に面白いです。



最初のページ。

『開扉』と題して、以下の七節の文言が記されています。

1.讃えあれ、アッラー、万世の主、

2.慈悲ふかく慈愛あまねき御神、

3.審きの日の主宰者。

4.汝をこそ我らはあがめまつる、汝にこそ救いを求めまつる。

5.願わくば我らを導いて正しき道を辿らしめ給え、

6.汝の御怒りを蒙る人々や、踏みまよう人々の道ではなく、

7.汝の嘉し給う人々の道を歩ましめ給え。



神に対する二人称が「汝」であることに仰天。

ちなみに広辞苑(第五版)によると、

なんじ【汝・爾】ナンヂ
《代》
(ナムチの転)同等以下の相手を指す語。お前。そち。竹取物語「――が助けにとて片時の程とて下ししを」



……。

この訳、大丈夫なのかなあ。
[PR]
by cos_ary | 2007-04-24 22:32 | 雑記

テレビの話

テレビを見ていて、叶姉妹や浜崎あゆみが出るたびに、人造物(もしくはCG)に見えてしょうがないです。

僕だけでしょうか。

あと、平井堅も人造人間めいて見えます。

ヒライケン・シュタイン。

あ、いえ冗談です。



そんなことより、土曜のドラマ『喰いタン』のセカンドシーズンが面白くてたまらない。

東山紀之かっこいい。

久しぶりにテレビにはまってます。
[PR]
by cos_ary | 2007-04-21 23:43 | 雑記

携帯メール小説

佳作の副賞として、図書カード(1000円)をいただきました。

国家試験まで1年を切り、そろそろ本格的に勉強を始めなければならない時期。

買うべき参考書は山のようにあり、図書カードは本当に有り難い贈り物です。

ただ、図書カードで買い物をすると、学割(10%OFF)が効かなくなるので、下手をすると逆に損をする可能性もあります。

1万円以下の買い物のときに使うよう、気をつけねばなりません。



そうそう、今日締切だった小学館の携帯メール小説大賞。

久しぶりに腰を据えて、智略を尽くし、精魂を込めて執筆したはずなのに、何度読み返しても寝言にしか見えない。

少し困惑していたので、たまたまそのときメールしていた友人に、事情を説明して読んでもらうことにしました(こんなこと異例です)。



返信。

>普通におもしろいし小説っぽい(^-^)



「小説っぽい」

その言葉に、俄然勇気がわきました。

「小説っぽい」





というわけで、めでたく寝言改め「小説っぽい」ものを、小学館に送信いたしました。

どんな反応をされるやら。結果は一ヶ月後に出ます。
[PR]
by cos_ary | 2007-04-21 00:09 | 小説