<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「携帯メール小説」

d0042155_313232.gifついに出ますね。

発売は8月2日のようですが、先日僕の手元にも見本が届きました。

小学館の本ということで、何となく「世界の中心で、愛をさけぶ」みたいなブックデザインを想像していたのですが、開けてびっくり。

なんと言いますか、岩波の文芸書みたいな雰囲気の本です。大学で使う教科書みたい。すっごくストイック。

予想の隙を突かれた気分です(表紙にQRコードを使うことだけは予測してましたが)。

なかなか、いい裏切りですね。僕はこういう本も大好きです(でも、売れるのかな?)。



で、本を開いてさらにびっくり。

いや、まあ自分の小説が載ってることは知ってましたけど……。と、とっぷばったーとは。

いいんですか、小学館さん、そんなことして。そこで読者に本閉じられても、僕知りませんよ。





とまあ、初っ端から驚きの連続だったわけですが、ぱらぱらと読み進めていると、じわじわと湧き起こる新たな驚きが。

というのも「あ、この本意外に面白いかも」と思っちゃったわけです。

見開き1ページで、1つの作品、という本の形式がすごく心地いいんですよ。

ぱっと開いて、さっと読んで、ぱらっとめくって、というこれだけの「本を読む」という行為が、こんなに楽しいものだとは思いませんでした。

ページをめくるのが、とにかく楽しいんです。普通の本は、次の文章を読むためにページをめくるんですが、この本はページをめくるために次の文章を読んでしまいます。
(これは、実際本を手にしてみないとわからない感覚です)

考えてみれば、こういう形式の本ってなかなか他にないですよね。作品の長さが均一で、どれも見開きで完結する短編集なんて。

とにかく、一つの視野の中に、物語の全てが収まっているというのが、すごく安定感があるんです。



ほとんどの作品は、WEBや雑誌の方で既に読んだことがあるはずなのに、こうして違った体裁になったものを改めて読んでみると、また新しい印象を受けたりもして、それも面白い。

同じテキストなのに、どこで読まれるか、どのように読まれるかで、違った表情になる。

つまり、メディアの形式も、既にコンテンツの一部なんですよね。再発見。



「携帯メール小説」、一見すると地味な本ですが、なかなかさりげなく素晴らしい本なのです。

O木さん、素敵な本をありがとうございました。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-31 23:09 | 読書

Arythmia

どうも、最近脈がおかしい。

不整脈があるなー、というのは数ヶ月前からうすうす感づいていたのですが、ここ最近その傾向がはっきりしてきました。

普通に生活していると、ある瞬間、わけもなく心拍が激しくなる。心拍数も1.5~2.0倍くらいにいきなり増えるし、拍動も強い。

気持ち悪いなあ、とか思いながら数分そのまま待っていると、突然元に戻る。

本当に、段階を経ずに一気に脈が速くなって、一気に元に戻るんです。

……発作性上室性頻拍かなあ?



ところが、これだけにとどまらず、さらなる異常が最近になって発覚。

脈拍を数えてみると、なんと平常時でも120/minあるじゃないですか

1分120回って、明らかに異常ですよ。なんで今まで気がつかなかったんだ。



で、その数えていたときちょうど、近くに友人(循環器内科志望)がいたので「こりゃあどうしたもんか」と訊ねてみたわけです。

「運動不足じゃない?」

そうなの!? これは予想外の答えですよ。

(……ちなみに、この場合の模範解答は当然「専門医を受診したら」です。学生ですからね)



……僕は素直なので、信じてランニングしましたけどね。

夜だったので、こけて手首を捻挫しましたが。なんか、自分のアホさ加減にどんどん自信がついちゃうなあ。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-31 22:51 | 日記

「世界の果てには君と二人で」

d0042155_2255565.jpg……あれ? なんか、最近漫画しか読んでないみたいじゃないか。

こりゃいかんね。いやまあ、実際漫画くらいしか読んでないんですけど。



こいつは「最終兵器彼女」という、ちょっと前の(僕が高校生の頃の)漫画の「外伝集」だそうです(本編を知らなくてもたぶん問題なく読めます)。

ようするに、一つの世界を舞台にした短編集ですね。

漫画は長編より短編の方が好きなので、こういう本が出るのはとても嬉しい。「最終兵器彼女」も、好きな漫画だったし。

これで700円という価格は、少し安すぎるんじゃないかなあ、と思う次第。



大雑把に説明をすると、舞台は最終戦争が起こった世界。若い男女の、愛のような愛ではないような、でもやっぱ愛なのかなあみたいな、そんな話たちです。(なんだこの説明は)

戦争を描いているようで、戦争を描いていない(戦争が背景のようになっている)ために、独特の雰囲気と切実さが演出されています。うーん、うまく説明できないな。

とにかく、すごく真っ直ぐで正直な漫画だと思います。一度くらい、こういう方向性をもった小説を書いてみたいですね(もちろん、短編で、です)。

こういう話って、読むのは若い時期の方が良いんだろうけど、書くのはある程度歳を食った方が案外良いんじゃないでしょうか。いや、わかんないけど。

まあそんなわけで、当分の間、この手の物語はもっぱら読者でいようと思うわけです。

漫画は面白いねえ。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-31 22:24 | 読書

「銀の旋律、記憶の水音。」

d0042155_211293.jpg「檸檬」と一緒に、こいつを買ってみました(またずいぶんと対照的な……)。

田村ゆかりさんという、(たぶん)流行りの声優さんです。

砂糖でできてるような声をしてます。気をつけないと、紅茶に入れて飲んでしまいそう。(あれ、マニアックな比喩ですか?)



そもそも、このCDを買おうと思ったきっかけは#13『Spiritual Garden』という曲をひょんな機会に耳にしたことですね。

ストリングスがお洒落で、妙に印象的だったんですよ。

一瞬しか聴いてないのに、すごく気になってしまって。

……いや、逆に一瞬しか聴いてないから、すごく気になったのかな? 結局、それでCDを買ってしまいました。

だいたい、寝る前に聴いてるので、件の『Spiritual Garden』(#13)が再生される頃には寝ちゃってるってのがアレですけど(笑)

まあ、始めの方にも面白い曲がいくつかあるので、それはそれでOKです。

万人に薦められるものではありませんが(少々クセが強い。ガーリッシュ、というのかな)、僕的には、たまにはこういうのもアリかなあ、といった感じです。

アルバムの構成も、3部構成みたいにしていて楽しいしね。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-31 22:13 | 音楽

「檸檬」

d0042155_1404056.jpg最近は、CDショップを見かけるたびに遊佐未森さんのCDを探してしまいます。

別にそんなことをしなくてもネットで注文すれば早いんですが、何かこう、探す作業が結構楽しくて。

そんなわけで最近見つけて買ったのがこの「檸檬」。

これはちょっと他のアルバムとは毛色が異なっていて、古い歌謡曲のカヴァー集なんですね。

この「古い」ってのがなかなかに気合の入った古さで、大正~昭和初期。父母の世代をはるかに越え、ジジババの世代です。

そんな一風変わったコンセプトのアルバムなので、遊佐未森さんのファンでなくとも一聴の価値くらいはあると思います。



不思議なのは、僕みたいな若い世代が聴いても「懐かしさのようなもの」がある、ということですね(あくまでも「懐かしさ」ではなく「懐かしさのようなもの」なのですが)。

自分の知らない時代の曲だし、初めて聴く曲だってあるはずなのに、です。

何かこう、聴いてて安心するような、そういう自然な心地よさがあります。

やはりこれは、僕がこれまで聴いてきた(あるいは聴いている)「最近の音楽」にも、どこかルーツの記憶、あるいはルーツへの想いのようなものが、残っているからなのでしょうかね。

木の枝に茂る葉をいつも見ていて、あるときその根に触れると、安定や安心、つまりは「安らぎ」を感じられるのかもしれません。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-31 21:49 | 音楽

七夕

そうそう。

今日って七夕なんですよ。旧暦の。



去年も書いたし、というか毎年言ってるんですけど(笑)、七夕を新暦でやるのは何かがおかしいと思っている僕です。

旧暦7日は、お月さんがちょうど半月になりかかるくらいの日付に相当します。

ようするに、月が舟の形になるってことですね。

そうです、天の川を渡る舟です。

だから、七夕は旧暦でやらなきゃ意味がない。そもそも、現行暦7月7日って、梅雨ど真ん中だし。

もう、天の川は氾濫するし、舟は出てないしで遠距離恋愛どころじゃないですよねえ。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-31 21:27 | 雑記

「DEATH NOTE」

d0042155_1202588.jpgどーも。お久しぶりです。

いまさらって感じかもしれませんけど、ジャンプの漫画です。先日初めて読みました。

この漫画が世間で流行っているらしい、というのは何となく知っていましたが、長らく読む気はしませんでした。

天邪鬼だから流行ものに反発したがる、というのも一つの理由ですけど、主な理由は昔友人と交わした会話です。

有「最近『DEATH NOTE』って漫画が流行ってるみたいだけど、どんな漫画なの?」

友「東大に主席で入るくらい成績も良くてスポーツもできて顔もよく女の子からも人気のある主人公が、どんな人間でも殺せる死神のノートを手にして、それを使って世の中を自分の理想どおりにしようとする話だよ」

有「ふーん、そんな話ならいいや」

……というわけで、それ以来、全くもって興味を持っていなかったんですが、夏休みが始まって実家に帰省してみると、どうも様子がおかしい。

母「おかえり。『DEATH NOTE』全巻揃ってるよ」

有「いや、いきなりそんなこと言われても……。興味ないから」

ところが、母だけでなく父まで。

父「おお、あのな、実は……なんと『DEATH NOTE』が全巻そろっておるのじゃ」

有「……ごめん、もう聞いた」

さらに、妹まで。

妹「お兄ちゃん、『DEATH NOTE』読む?」



いや、このときばかりは家族が何かに呪われているのかと本気で疑いましたね。

まあ、どうも話をよく聞いてみると、『DEATH NOTE』の映画を観に行ったところ、それがなかなか面白くて、漫画もつい揃えてしまったとのこと。

うーむ、そうか『DEATH NOTE』は面白いのか。

同じ遺伝子を半分持つ家族の言葉だ、よし読んでみるか……。



というわけで、結局夜更かしして『DEATH NOTE』読んでました。

この漫画は、絵が綺麗で読みやすいですね。話は、なんかちょっとカイジに似てるかな、と思ったり(あそこまでアクは強くないですが)。

結論、友人の言葉も家族の言葉も本当でした。間違っていたのは僕です。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-31 20:34 | 読書

衝撃の事実



えっ! 今日って休日だったの!?
[PR]
by cos_ary | 2006-07-17 12:57 | 雑記

怪力

そういえば、中学生の時に、コント(?)をやって信じられないほど大すべりをしたことがあったなあ。

人の趣向って変わらないねえ。





そうそう、久しぶりにYou Tubeを覗いてみたんですよ。

「遊佐未森」で検索してみました。

以前はジャムを作る番組しかヒットしなかったのですが(ミュージシャンなのに)、何やらミュージッククリップやらライブ映像やらたくさんヒットして、ちょっと鼻血が出るかと思いましたね。

すごいな。それだけ流行しているのか。(遊佐未森が、ではなくYou Tubeが)

こないだのTV番組(音遊人)もありました。

まあ、結局それらは観なかったのですが(著作物ですからね)。

ただ、カップヌードルのCFだけは観ました。これはずっと観たかったんです。感激。

たしかに、これはすごいインパクトだ。全然憶えていないけど(きっと放映時はまだ物心がついてなかったのでしょう)。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-16 01:50 | 音楽

新しい趣味

僕は昔から「創作」っぽいことが好きで、わりとすぐに何でもやりたがる傾向があります。

何かを見るたびに「こういうの、自分も作ってみたいなあ、楽しいだろうなあ」と考えてしまうんです。



本を読めば本を書きたくなるし、音楽を聴けば曲を作りたくなるし、TVゲームで遊んでみればゲームを作りたくなる。

他にも、でかい建物を見ると建築や設計に興味が湧くし、映画を観ると自分で監督したくなります(これらはまずどうやったって無理ですが)。

要するに、単純なんですよ。ミーハーなんです。



結局、技能とか機材とかがほとんど必要ないという理由で、現在のところ僕のミーハー創作趣味は主に小説に向けられています。

まあそれも、細々ですけれど。





ところがですね、最近新たな趣味が加わってしまいまして。

お笑いと言うかコントというか、大学で相方を見つけてしまったために、最近はそっち方面に精を出しています。(あれ、勉強は?)

小説と違って、その場で目に見えるレスポンスが返ってくるというのが、新鮮で面白い。まだ不慣れで素人丸出しだけど、楽しいですね。

もちろん小説は大切な趣味なので、書かなくなるなんてことはないのでしょうが、しばらくの間は(相方と一緒にネタができるうちは)お笑いのほうにかまけてしまうかも。

一部の(本当にごく一部ですが)方たちには、ちょっと申し訳ないですけどね(いえ、小説もちゃんと書きますよ!)。
[PR]
by cos_ary | 2006-07-16 01:30 | 雑記