<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

いや……

http://www.cheerio-web.co.jp/vodka/index.html


いろいろ突っ込みたいところはあるんですが、そんなことよりライフガードが20年前からあったという事実にびっくりです。
[PR]
by cos_ary | 2006-04-28 02:13 | 雑記

これ欲しい。

「ヒトゲノムマップ」

これ。
A3が自宅のプリンタで印刷できないのが悔しい。
(さらに、A2判というのもあるらしい)


欲しすぎる。部屋に貼りたすぎる。



なになに、博物館等で配っている?

しかもA1版!?


ほほう!!


早速、配布協力科学館リストとやらを見てみます。


吉備高原ニューサイエンス館 716-1241 岡山県加賀郡吉備中央町吉川4124-5
倉敷科学センター 712-8046 岡山県倉敷市福田町古新田940
倉敷昆虫館 710-0051 岡山県倉敷市幸町2-30(重井病院8F)
倉敷市立自然史博物館 710-0046 岡山県倉敷市中央2-6-1
津山科学教育博物館 708-0022 岡山県津山市山下98
日本化石資料館 704-8194 岡山市金岡東町2-7-1
笠岡市立カブトガニ博物館 714-0043 岡山県笠岡市横島1946ー2
岡山天文博物館 719-0232 岡山県浅口郡鴨方町本庄3037ー5



岡山県はこんだけ。

えっ、こんだけ??



市内はないの?

まあ、ないか。確かにそういう施設ないもんな。
なんて街だ。



林原さん、がんばって下さいよ、と言ってみる()。



とりあえず、GW中に自転車で倉敷に行こう。うん。

人気殺到でなくなったりしないよね。
[PR]
by cos_ary | 2006-04-27 21:56 | 雑記

業界

今日も病棟実習の話。

すいません、実習先、心臓外科じゃなくて循環器内科でした。
心外は再来週からだわ。

まあ、いずれにせよ循環器なんですが。
実は循環器の勉強をこれまでしたことがなくて(苦笑)、ちょっとこれはやばいぞ、と。
そう思って今日おもむろに本をひらげて、とりあえず解剖から復習を始めました。

そしたら。


冠動脈の左回旋枝のことを「LCX」って言うんですけど、これって「Left Circumflex branch」の略なんですって!
サーカムフレックスですよサーカムフレックス!!
ほら、アクサンシルコンフレックスの。
これ、回旋って意味があったんですね。
確かに「^」も曲がってますね。



いやあ、なんかわけもなく嬉しくて、思わず眼裂がサーカムフレックスになりましたね。
[PR]
by cos_ary | 2006-04-24 23:50 | 記号

餅を焼いてたんですけど、中まで火が通っていなくて、とりあえず端の方の柔らかい部分だけ食べながら、このあとこの餅どうしようかなあ、とか考えている夢を見ました。




なんだよそりゃ!!!
[PR]
by cos_ary | 2006-04-23 14:18 | 雑記

ふむ。

最近、更新がとどこおってますね。
いかんいかん。

思った以上に病棟実習が大変で。
別に忙殺されてる、なんてことはないのですが。
なんというか、疲れてすぐ寝ちゃうのが敗因かと。
いかんいかん。



さて、その病棟実習も昨日で3週間のコースが終わり、来週からは次の科です。
次は、よくTVにも出てる天才外科医ことS教授率いる心臓血管外科とのこと(参考)。
なんでも、今もTVカメラが毎日回っているそうですよ。
なにやら楽しみですね。


そうそう、昨日は医局の先生たちのおごりで打ち上げをしました。
ごちそう様でした。
普段病棟では真面目で優しい先生が、実はとんでもない変態だったことがわかったりして、飲み会は楽しいです。
[PR]
by cos_ary | 2006-04-22 21:51 | 日記

友との会話

実習中に病院内で他の班の友人に遭遇。

友「おっ、久しぶり!」

有「ほんと、久しぶりな感じがするね。実習始まっちゃうと会う機会ないもんなあ」

友「ところで、なんか最近は心を入れ換えて毎日真面目に実習に取り組んでるみたいじゃない」

有「あれれっ? 誰かそんなこと言ってたの?」

友「ううん。いやほら、最近天気悪い日多いじゃん




……まじか!
[PR]
by cos_ary | 2006-04-17 20:59 | 日記

200件

おや、一個前の記事がどうやら200件目の投稿だったみたいですね。
へえ、気づかなかった。というか、そんなの気にしたことがなかった。
11ヶ月で200件。多いのか少ないのか、また微妙なところだね。
いや、決して多くはないか。
まあ微妙な数であることは確かだね。何から何まで微妙路線。
It's Heterochromatiq quality。

せっかくなので、200までの道程を振り返ってみましょうかね。
いくつか選んで、見てみましょう。

1  「まあ、とりあえず。」
記念すべき一回目。今見ると懐かしい。
弟(兄を凌いで変態)のこととか書いてありますね。あとはドラえもん。






……飽きたからやっぱりやめます。

自分の書いた文章を読み返すのは、恥ずかしいや。
[PR]
by cos_ary | 2006-04-11 20:00 | 雑記

roka

一度でいいから、赤いジャムの中で泳ぐ夢とやらを見てみたいなあ。

最近、早く目が醒めます。有好です。




ところで、ここのところ水ばかり飲んでいます。
水が美味しい。
2リットルのミネラルウォータを買ってきては、部屋で飲んだくれています。
どうしてこんなことになってしまったのでしょうね。

そういえば、内分泌の教科書に「尿崩症の患者は冷たい水を好む」と書いてあった気がします。
ありゃりゃ。ということは、僕は尿崩症なのかもしれない。


いや、ちょっと待って。
そういえば、どこぞの本に「トップモデルは一日に2リットルくらい水を飲む」と書いてあった気がします。
ありゃりゃ。ということは、僕はトップモデルなのかもしれない。



やあ、これはちょっと困りましたね。
うん、実に困った。
[PR]
by cos_ary | 2006-04-11 06:49 | 雑記

来年も観に行きます。

放射線画像を白黒反転させるとわかりやすいという話を昨日したんですが、うーん、やっぱりネガの方が陰影の細かい性状とかを読むのには良い感じですね。
ポジで何枚か見て、直覚的にイメージを作り上げて、それからネガで細かいところを読み取る、という方針で行ってみます。しばらく。


さてさて、週末に映画を観てきました。
とても良かったです。大人ももっと観に行っていいと思う。


映画のタイトルを言いたいのですが、ドラえもんの話をするとブログを畳まなければならないという奇妙な制約があるので、詳しく言えません。
残念。
[PR]
by cos_ary | 2006-04-11 05:18 | 雑記

ネガとポジ

病棟実習が始まったので、レントゲン写真なんかを見る機会が増えました。
今は呼吸器の内科を回っているので、肺のレントゲンが中心です。
今までは、そういった画像の勉強からは目を背けてきたのですが、これからはそうもいきませんね。
参考書を片手に、シャーカステン(レントゲン写真を見るための、明るいパネル)の前で呻吟する毎日です。

さてさて、レントゲン写真を見るときに特有の用語がいくつかあります。
一般の方もよく使うのは「影」ですね。
肺に影がある、みたいな感じで。
で、この「影」って、白く写っているんですよね。黒い肺の中に、白い物がもやもやっと。
白い影、というのは、いわゆる普通の「影」のイメージとは違いますね。

それから、肺などの黒く写っている部分。黒いところは「明るい」と言います。
これ、慣れるまでちょっと変な感じがしました。
黒いのに「明るい」って言うんですよ。

黒は明るくて、白は影。
要するに、レントゲン写真ってあれ「ネガ」なんですよ。
まあ考えてみりゃ当然のことですけど。



そんなある日。
病院のパソコンで電子カルテを閲覧してたら、おやレントゲン画像の横に「白黒反転」というボタンがあるじゃないですか。
要するに、ネガの画像がポジになるわけですね。

ほほう、それは新鮮。面白そうじゃないですか。


早速ぽちっと押してみます。
えい(画像はサンプル)。
d0042155_2129104.jpg




d0042155_21295068.jpg




おおおっ!!!

断然こっちの方がわかりやすい気がする!
なんか、肺が空気の袋だってことが実感できます。
X線が、色んなものを透過できる強い光なんだってのも、これならわかりやすい。


やあ、これは自分の中でちょっとした革命でした。
やっぱ、ポジのほうが直感的に理解しやすいですね。うん。
この機能は面白いので、今後も使ってみたいと思います。
[PR]
by cos_ary | 2006-04-09 21:34 | 雑記