<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

なんと……!

excite内に、イ・ビョンホンさんの公式サイトがあるじゃないですか。
有名人だったんだね。


http://byunghun.excite.co.jp/
[PR]
by cos_ary | 2006-03-23 21:06 | 雑記

ランキング2

ランキングをまた見てみます。

……やったっ! UPだって!!
順位が上がっていることが嬉しいのではなく、UP表示がついている瞬間を見れたことが嬉しいわけですが。(昨日の記事コメント欄参照)

ありがたやありがたや。



でもですね、昨日の話からいくと、この後順位は下がるわけですよね。
別に気にしてませんが。上がった下がったで一喜一憂してもね。

この後、下がる瞬間ちゃんと見れるかなあ。
気がかりなのは、それ。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-23 20:36 | 雑記

ランキング

結局名前は変えません(なんだそりゃ)。
もうちょっと歳をくって「從桜はそろそろ柄でないな」と思うようになったら、ひっそりと「從仙」にしてみようかな。


先日、ブログランキングというのに登録してみたんですよ。
右のほうに「人気blogランキング」とかってのがあるでしょ? それですそれ。
いえ、別にアクセスアップを狙っているわけでもないのですけどね。細々やるのが性に合ってるし。
ただね、やっぱり自分のブログは一体何位くらいになるんだろうとか、多少気になるわけですよ。大した順位じゃないのはわかってるけどさ



さて、このランキング、カテゴリに分かれてるんですね。とりあえず3つほど登録してあります。「大学生」「医学」「小説・詩」。最後のはどうかと思いますが。いや、二つ目も怪しいもんだ。いつ医学の話をしたよ。
で、それぞれの順位が出る、と。

大学生……588位
医学……102位
小説・詩……344位

だそうですよ。微妙すぎて、なんとコメントしたらいいかわからん。
あと、いつチェックしても[DOWN]ってアイコンがついてるんですけど、こりゃどういうことですか。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-22 19:00 | 雑記

居酒屋とデシマヨ

某チェーン系居酒屋に行ったんです。
珍しく、お酒を飲むためではなく、食事メインで。

こういう居酒屋さんって、すごくメニューが豊富で目移りします。
ぱらぱらとメニューのページをめくっていると、おや、カロリー表示があるではないですか。
ここはデシマヨを計算しないわけにはいきませんね。

というわけで、価格とカロリーを見比べます。
ふむふむ、おおむね、どれも1.0弱。マックのナゲットレベルですな。
やや割高感はあるものの、妥当でしょうね。これがもう少し小洒落た居酒屋だと、さらに値が低くなるはず。
ちなみに、当然ながらサラダや刺身は低デシマヨで、唐揚類は高デシマヨ。


しかしあれですね。慣れてくると、実際の計算をせずとも、デシマヨの見当がつくようになります。
例えば外食系だと、1.5を超えると割安感があり、逆に1.0を割ると割高感があります(有好基準)。
つまり逆に言えば、「安くて量があるなー」という印象のメニューは1.5以上、「量のわりに高い気がするな」という印象のものは1.0以下、という推測ができるわけです。

どうやら日に日にその感覚が研ぎ澄まされている気がします。
でも、何の役に立つのかはさっぱりわからない。
強いてあげるなら、メニューと価格から大体のカロリーを類推して、健康管理に役立てれることぐらいでしょうかね。
あと、注文する前に、メニューの写真が実物より多めに見えるというトリックを見破れることかな。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-20 04:33 | 雑記

從仙

昨日の名前の件、早速一部から反響があったみたいで、嬉しいかぎりです。

「字面は固いのに、色合いが柔らかい」
とかって言われたら、いやあ、なんかこの名前も悪くないなーって気になりますね。
そうかそうか、うん、有好從桜、良い名でないか。


とまあ、喜んでみたのですが、せっかくなので、もう少しだけ新しい名前を検討してみます。

* *

さて、なんか、チェリモヤが人気っぽいですね。
やっぱ味はアテモヤの方が上でも、名前としてはチェリモヤの方が数段上を行ってるってことでしょうか。

チェリモヤ、チェリモヤ。

いやあ、怪しいなあ。良いなあ、やっぱり。




でもね、有好チェリモヤも、チェリモヤ有好も勘弁してください。
お笑い芸人じゃないんだから。
うん、カタカナはちょっと違う気がしますね。
こう、小説書くときのペンネームにもなるわけだし。
あまり具合がよろしくない。
(でも、山崎ナオコーラなんて人もいたなあ)


そこで、こんなのはどうでしょうか。



有好從仙



……しぶい。
男か女かわからない、むしろ女っぽい名前が一転。
若いのか年寄りなのかわからない、むしろ爺むさい名前に一変。

どうでしょうかねぇ、これ。
また、意見を募ってみます。

ちなみに「仙」にも一応由来があります。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-17 22:04 | 雑記

改名しようか

ところで、私の「有好從桜」という名前ですが、やっぱりなんか恥ずかしいです、これ。

しかも、なんか女みたい、とか言われるんですよ。
(まさか、と思いますが、勘違いしている方。有好は男です)

思うに「桜」が良くないのでは、と。
確かに、この字は非常に女性的なイメージがありますね。
というわけで、いくつか案を出してみましょう。


そもそもなんで「桜」なのかというと、好きな花の名前なんですよね。
ああ、あと丹下桜さんが好きってのもありましたね。……いや、別にいいじゃないですか。僕がどんな趣味を持っていようと。
素敵な女性だと思ってます。結婚おめでとうございました。


さて、他にも好きな花はあるんで、別の花にしてみましょう。

「有好ブーゲンビリア」


どうだろうなー。
ますますおかしな方向に向かってる気がする。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-16 21:01 | 雑記

アテモヤ

そうそう、沖縄でアテモヤを買ってきたんですよ。
美味しかったなあ。


ん、アテモヤが何かわからない?
やだなあ、果物ですよ、果物。
チェリモヤとバンレイシのかけあわせですよ。
d0042155_011481.jpg
d0042155_0111318.jpg
これこれ。
ジャングルに生えてそうですね、実に怪しい。

ちなみに、チェリモヤ(パパ)
d0042155_013555.jpg
で、バンレイシ(ママ)
d0042155_0141552.jpg
なかなかご両親によく似ているようで。




で、このアテモヤなんですけどね。
実は私、昨年からずっと「5年以内に日本でチェリモヤ(もしくはアテモヤ)ブームが起こる」と主張しているんですよ。根拠もなく。

根拠がないならまだしも、食べたことすらない。
ひどい話だ。

で、沖縄で件の果物を発見したので、この機に食ってみたわけです。
これでちょっとは主張に説得力が出てきますね。



さて、感想をば。
食べた感じ、ラ・フランス(洋梨)に似ているなあ、と。
洋梨を熱帯げにした感じですね。
甘みが強く、ほのかに酸味がある。
果肉はすごく瑞々しいんだけど、ちょっとざりざりとした舌触りがある。
ほら、ラ・フランスそっくり。

ところで、他の友人たちの感想。
「なんだか、スイカみたい」
「マンゴーそっくり」

……あれ?

ちなみに、チェリモヤ(アテモヤ)の味は一般的にこう言われてます。
「糖度が高く、カスタードクリームのような食感。
フルーツというより、バニラアイスに近い味」

おかしいなあ。




謎が謎を呼ぶ、アテモヤ。
みなさんもお一つどうですか。皮を押して、少し柔らかいくらいが食べごろです。
http://ryukyu-h.com/cat210000.html?gclid=CL3MseKj4YMCFRaKCwod1TrV5A
[PR]
by cos_ary | 2006-03-16 00:29 | 雑記

写真

はい、今度こそブーゲンビリアです。
南国ですねえ。

d0042155_1922242.jpg
ちなみに紫の部分は葉で、中の白いちっちゃいのが花だそうですよ。
騙された。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-14 19:02 | 旅記

ただいま


一週間弱ほど、沖縄に行っていました。
卒業旅行で。いえ、僕はまだ卒業しませんけど。


写真はブーゲンビリアです。
ハイビスカスよりブーゲンビリアが好きです。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-14 02:48 | 旅記

続々

タイトルは「続々」ではなく、続「々」の意です。
ややこしいな。


最近、記号の話ばっかりなので、新カテゴリ「記号」を設置してみました。
今回の話がひと段落した後、使われることがあるのかはナゾです。



さてと。※の話は置いといて、々について。
色々と僕の知らなかったご意見をいただけました。

コメント欄でレスしようかとも思いましたが、長くなるのでここでやりますね。

まずはsightからの情報提供。
「々」は「おどりじ(踊り字)」というのだとものの本で読んだことがある(もちろん、ものの本、と言ってみたかっただけだ)。ある、が、それ以来どこで聞いたこともないし、「ああ、おどりじだよね」と言ってくれる人もいない。もちろん、変換しても出てこない。嘘かもしれない。
とのことです。
すげえ怪しい情報ソースですね。ものの本と言われましても(笑)。
「踊り字」というのも、いい感じで怪しいです。それっぽいような、ぽくないような。
うーん、仮に踊り字だとして、この字がどう踊っているのか、すごく気になるな。

お次は晴さんからの情報提供です。
正式名はわからないんですけど、IMEだと「おなじ」「くりかえし」で出てきます。
(^_^ゞ ← これも同様
おもしろくないので、とんでもない正式名が出てこないかと期待してしまう謎の記号です。

というわけで、やってみます……。
ほ、ほんとだ!! 出てくる!!
「おなじ」だとか、「くりかえし」だとか、これまで何度も変換したことがあるはずなのに。
変換候補の下まで見てませんでしたよ。すごいびっくり。
でも、これが正式な名前だと、確かに夢がないですね。「くりかえし」って……。
いやまあ、その通りなんですけどね。でもなんだかなあ。
そういえば、これを聞いて思い出したんですけど、々の名称は「漢字繰り返し」であると、もののインターネットで見たことがある気がします。
……あんまりです。そんな安直な。
それに、それじゃ名前が記号らしくないですね。

最後はSolo君。
あーそれね、、 「のま」って呼びます。
ヒントは、、、半角カタカナで書いてみよう!
さぁーわっかるかなー!?

「のま」と来ましたか。ノマ ノマ ノマ……々。いやー、わっかんないなあ☆
とまあ、冗談はさておいて(笑)、この「ノマ」という名称。
IMEだと変換できませんでしたが、なんと携帯で変換できました
ものすごい意表。Solo君すげー。ケータイShoinもすげー。


というわけで、情報提供者のお三方、どうもありがとうございました。
三者三様の、全く違う情報が出てきているのが面白いな、と思いました。
しかも、それでいて、どれもなかなかにそれらしい。

で、皆様から頂いた情報をもう少し検討していますとですね。

なんと「踊り字」が広辞苑に載っているではないですか。

「ものの本」の正体が判明。怪しい情報ソースが、一気に権威にのし上がりました。
なんか、醜いカエルが実は王子様でした、みたいな展開です。

以下、「ものの本」改め広辞苑(第五版)からの引用。
【踊り字】
同一の漢字または仮名を重ねることをあらわす符号。「〃」(二の字点)・「々」(同の字点)・「ゝ」(一の字点)・「/\」(くの字点)など。おくり字。かさね字。畳字。繰返し符号

だそうです。へぇ。

sightの言ってた「踊り字」ってのは、こいつらの総称だったんですね。
ついでに、こいつらがどれも符号的には「点」扱いなのが、さりげなくびっくりです。

晴さんの言われていた「くりかえし」とか「おなじ」ってのも、こいつらみんなを指す言葉みたいですね。
これは、記号の名称と言うよりは、日本語変換上の仕様のようです。分かりやすい言葉を選んだのでしょう(まあ、僕はまったく知りませんでしたが)。


というわけで「々」自身は「同の字点」が正解のようです。
なんで「同の字」かというと、これ、「同」の異体字「仝」をくずしたものらしいんですね。
仝→々。
で、そんなこと言われてもピンと来にくいんで、実際にはSolo君の言っていた「ノマ」あるいは「ノマ点」というのが、この符号の名称としてよく使われるそうです(まあ初めて聞きましたが)。




ということで。
しかし、こういうのは正解がわかってしまうと、少し寂しくなっちゃいますね。
答えを知る前、問題がはっきりしている時が、一番楽しかった気がします。
推理小説を読み終わったときも、よくこんな気持ちになるなあ。

うん、でもまあ、これでどうでも良い知識がまた一つ増えたわけで、良かったと言えますね。



最後に。
この「同の字点」、同じ漢字を繰り返して書くのが面倒だから、これで済まそう、という動機で登場したもののはずですよね。
だったら、「一々」って言葉、すごい矛盾を感じませんか?
なんか、踊り字に躍らされているような、そんな気分になってしまいます。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-04 16:28 | 記号