<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

黒猫。

ブログって、写真も載せられるんだよね。
というわけで、適当な写真を載せてみます。
携帯電話と、ストラップ。
はい。これ。
d0042155_23415890.jpg

……ストラップの方がでかいですね。小型化に粉骨砕身されたシャープの人たち、ごめんなさい
m(_ _)m

このストラップは、友人がゲームセンターで取ってくれたものです。
某国民的アニメ映画に出てくる黒猫にとてもよく似ている気がしますが、別物です。
いや、ほんとほんと。デザインは、たまたま似ただけです。MADE IN CHINAとだけ書かれたタグが、何よりの証拠。
携帯電話は普段、ジーンズの尻ポッケに入れています。つまり、この黒猫は、私の右臀部あたりをぶらぶらしているという寸法。わりと、子供の視線を集めます。
周りの評判ですか? みんな可愛いね、と言ってくれてますよ。ただ、二言目は「……でも、邪魔じゃない?」
ええと、うん、実は多少。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-31 23:43 | 雑記

なんだこれ

苺味だと思って手にした赤いドロップ、これ、とても微妙な梅味なんですけど。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-30 23:56 | 日記

「緑野原幻想」

はい、まだ酔い醒めやらぬ感じですが、大学の情報処理室より更新します。酔っ払いの文章なんで、色々変かも。まあ、そういうことなんで、そこらへんよろしくです(すでにどことなく日本語が怪しいな……)。

で、です。
例によって読んだ本について書きます。今回はマンガです。
星野架名「緑野原幻想」。うん、マニアック。というか、オタッキィ。
大体のところは、例によってライフログに載っけておくので、そちらをクリックしていただければわかるかと思います。そういう本です。
しかしまあ、この本と私についていくつか経緯を。
えーと。
私、有好は中高時代に天文部(天文地学部)に所属していた時期がございました。で、どうもこの星野架名さんという漫画家は、その部の先輩の従姉にあたるようです。まあ僕はその先輩とは面識はないんですけどね(^^;
ただ、部室にサイン色紙(※1)と単行本があったので星野架名さんのことはなんとなく知っていました。中学生ながらに、面白いマンガだなあとか思っていました。少女マンガだけど。

で、まあ久しぶりにそのマンガを読みたいなあと思ってここのところ、実は古本屋さんを回っていました。BO○K OFFとか、BO○K MARKETとか、万歩○店とか。でも、ない。マニアックなんですかね。
そんなわけで、半ばあきらめていたのですが……なんと、弟の部屋に文庫で。
すげえぞ、弟。ファインプレィ。
どうでも良いですけど、少女マンガの文庫っていいですね。本屋で探すときとか買うときとか、いくらか恥ずかしさが緩和されるから。ま、読むときは小さくて読みづらいですけど。
とにかく、そんなわけで手に入れました。「緑野原幻想」。
良いね。やっぱり。SFでファンタジーな話。
かなり読者を選ぶだろうけど。80年代の少女マンガを日常的に読めて、オタッキィな世界に抵抗なく触れられて、男同士の友情ベッタリ世界にアラジィを起こさないなら、読めます。それ以外の人は読めません。現代人のほとんどは無理でしょう。残念。
かく言う私も、中高生の頃は全く問題なく読めてましたけど、若干の成長を経た今では、読んでて少しこっぱずかしいところはあります。正直な話。
でも、やっぱ「ラピュータス流星群」とかは良いわけだよ。この人の、SFとファンタジィのセンスはすごいね。

そういえば、森博嗣さんの短編に「ゲームの国」というのがあるんですけど、その中に星茂佳奈ってキャラが出てきます。これって星野架名から名前とってたりするんですかね。
ありえなくはないけど、やっぱちょっとマイナーかなあ、星野架名は。

※1
このサイン色紙はちょっとミステリーでしたね。
私が色紙を見つけたのは1998年の春でしたが、色紙の日付は1998年10月になってました。なんで、そんな先の日付がついていたんでしょう?不思議不思議。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-29 00:51 | 読書

飲酒

久しぶりにたくさん飲みました。いかん、酔ってるわ。

有好は大学で弓道をしてるのですが、本日は、一年で一番激しい試合の日でした。何が激しいって懇親会(飲み会)がね。
4回生なのに裸でおどったよ。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-28 23:59 | 日記

病理学実習

本日もチャコペンが大活躍でした。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-26 22:34 | 日記

奇蹟

すごいです。
先日の試験の結果が出ました。
一番のネック、呼吸器。通ってたみたい。採点してくれた先生、素敵すぎ!!
絶対ダメだと思っていたから、とても嬉しいです。

あとは、循環器と外科総論の結果待ちです。
まあ、循環器は60問すべて○×問題というとってもシンプルな試験なので、多分大丈夫でしょう。カンで答えても5割。つまり、わかる問題が全体の2割あれば、残りをカンで答えても6割取れます。みごと合格ライン。
うん、たぶん3割くらいはわかったから、きっと大丈夫。

今夜は祝杯だ!
[PR]
by cos_ary | 2005-05-25 17:04 | 日記

危機一髪

今日の午後は、病理学の実習がありました。
病理の実習は、標本を顕微鏡で観察してひたすらスケッチをするという、まあわかりやすく言えば苦行なのですが、スケッチの道具として色鉛筆が必須なのですね。
そこを、アホな有好は色鉛筆を家に置いてきちゃったのです。これは大変、一大事。
ところが、なんとペンケースの中に運よくチャコペンが入ってました。
そんなわけで、今日はチャコペンで病理標本をスケッチ。
ありがとう、チャコ。
初めて使ったよ、チャコ。

それ以前に、なんでチャコペンが入ってるんだって話ですね。
僕にも、わかりません。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-24 23:49 | 日記

図書券の使い途について。

鼻腔の出血はやみました。ほっ。
咳はやみません。
マイコプラズマ、かなりはやってるみたいですね。ここを読んでる人も気をつけてください。

話は変わって、かねてより何度か話題に出してる小学館の文芸誌きららですが、6月号がうちに届きました。表紙のセンスが良い感じ。すきです、こういうの。
例の携帯メール小説で佳作をもらったので、副賞の図書券(なんてささやかなんだ)と一緒に送ってくれたみたい。ということは、毎月受賞すれば購読しなくて良いのか(笑)。まあ、無理ですけど。
年間2000円(送料込み)と破格なので、ちょっと購読してもいいかな、と思ったり。そんなことしたら、小学館の思う壺なんでしょうけど。

それにしても、図書券何に使おう。
1000円以内で買えて、ちょっと記念にもなる良い本ってないですかね。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-23 20:02 | 小説

惨劇

なんだか、鼻毛を切ってたら鼻を切ったみたい。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-23 13:24 | 日記

咳嗽

ここのところ、咳が止まりません。痰は出ず、咳だけ続く感じ。
まあ、そのうち治るだろう。

そんな折、大学の部活でマイコプラズマ感染者が出たという話を耳にしました。
マイコプラズマは先週勉強したばかりです。試験前日に憶えた付け焼き刃の知識を披露いたしましょう。
<マイコプラズマ肺炎>
・痰のからまない、乾いた咳が続くのが特徴。
・若い世代がよく罹る。老人はあんま罹んない。
・学校などで集団感染することがあるので要注意。

……。
うん。
なんていうか、ぴったり。

明日病院に行ってみるかなー。
治療薬はマクロライド系。
βラクタムは効きません。
[PR]
by cos_ary | 2005-05-23 00:55 | 日記