カテゴリ:旅記( 9 )

衆院解散

衆院が解散して志村けんが出馬する夢を見ました。
[PR]
by cos_ary | 2007-11-27 12:23 | 旅記

写真

はい、今度こそブーゲンビリアです。
南国ですねえ。

d0042155_1922242.jpg
ちなみに紫の部分は葉で、中の白いちっちゃいのが花だそうですよ。
騙された。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-14 19:02 | 旅記

ただいま


一週間弱ほど、沖縄に行っていました。
卒業旅行で。いえ、僕はまだ卒業しませんけど。


写真はブーゲンビリアです。
ハイビスカスよりブーゲンビリアが好きです。
[PR]
by cos_ary | 2006-03-14 02:48 | 旅記

宿泊について。

今回の神戸旅行では、なんだか高そうなホテルに宿泊してるのですが、色々変です。
その辺のこと、書きます。

1.洗面所
洗面所にですね、クシやらカミソリやら綿棒やらいろいろ揃えてあるのはいいんですけどね。
歯ブラシがないのは、どういうことかな?
えっと、二人部屋なのに、クシだけ4つあるね。
……あ、ひょっとして、このうち2つが歯ブラシとか、そういう話?

磨いてみたら、口の中が色々痛くなりました。
軽く誤った感じ。

綿棒も使ってみました。口の中でふやけて大変だった。

2.ルームサービス
人生初のルームサービス。
茄子のパスタを頼んでみました。高かったけど。
で、出てきたもの。
具がいっぱい入ってて美味しかったんですが、肝心の茄子がないのはどういうことかな?
その代わり、何か見慣れないものが入っているね。
これは、ハチノス(牛の第二胃)かな?
くにくにした食感だね。

いやまあ、美味しかったからいいんだけど。




おおむねそんな感じでした。
何にせよ、お部屋にコンピュータがあるのは偉大です。
[PR]
by cos_ary | 2005-08-15 22:46 | 旅記

GOLDEN BALLS LIVEに行ってきました。

こんばんは。
今日は、新神戸オリエンタル劇場(だっけ?)で、ラーメンズプレゼンツ「GOLDEN BALLS LIVE」を見てきました。
ラーメンズってのは、爆笑オンエアバトルなんかに出てた二人組です。「現代片桐学入門」などの前衛的で抽象的なコントで独自の地位を確立。
最近は、TVにはあまり出演せずに舞台公演を主にやっています。確かに、最近のお笑いブームの空気感にはちょっとなじまない感じですね。

で、今回の「GOLDEN BALLS LIVE」、ラーメンズの二人を含む五人の役者さんによるコントです。

感想を言うと、実に良かった。
それだけかよ、って感じですけど。
でもまあ、そうなんだから仕方ない。あまり具体的に内容に触れるのもねえ。

ラーメンズの公演は、何度かDVDで見たことがあるのですが、その度に「生で見てみたいなあ」と感じていました。ライヴの空気ってのがありますからね。映像じゃ伝わらないその空気を感じたかったんです。
で、想像以上に良かった。やっぱ生が一番だわ。
まだ追加公演があるので、内容に触れられないのが本当に残念。
最後の「氷結! 和風明太、カプリチョーザ!!」が自分の中で大ヒットだったということだけ、言っておきます。あれは、二人じゃできないネタだからね。
あと、「愚問」とかも良かった。

何気に、アンケートの記入欄の
    名前[               ]
    年齢[   ]
    GOLDEN BALLSが[ある・ない]
ってのが笑えたり。

そんな感じでした。
[PR]
by cos_ary | 2005-08-15 22:34 | 旅記

で、神戸なんです。

帰省ついでに、家族旅行で神戸に。
やっぱ楽しい街ですね。歩いてて、飽きません。

晩御飯を4人で食べに行ったのですが、10%の割引券があったので使用。
店員「10%引きが4名様ですので、40%引きですね~」
父母「ゑ゛っ!?」
あわてて止めたそうです。善人な両親です。

10人とか15人とかで行ったらどうなったんだろうね。
[PR]
by cos_ary | 2005-08-15 00:18 | 旅記

九州記(2)

さてさて、別府での試合のあと、個人的に熊本へ行ってきました。
高校生のときにインターネットで知り合った方が熊本に住んでいるということで、この機会にお会いすることにしたんです。
しかし、別府と熊本。同じ九州内なんで近いと思ってたんですが、意外と遠かったんですね。九州横断特急で三時間もかかっちゃいました。

でも、九州横断特急はなかなか良かったです。雲海が見れたり、スイッチバックしたりで、いい体験ができました。


さて、熊本はいいところでした!!
色々と声をかけていただいたみたいで、当初の予定より人数も多くなって、賑やかな会合でした。
僕は馬刺しを御馳走していただいて……いやあ、美味しかったなあ。思いだすだけでも幸せな気持ちです。あんな美味いものがあったとは。
熊本の馬刺しは鮮度が良いらしく、色もすごく綺麗でした。
それから、熊本ラーメンですね。熊本のラーメンは岡山のラーメンに結構似ているなあ、と思いました。岡山はもうちょっと細麺ですけど。
なんか、食い物の話ばかりですね(笑)

それから翌日は、阿蘇の方へ連れて行ってもらいました。
「ゆたっと村」という施設の古民家を見学したり、黒川温泉に浸かったり。
黒川温泉は良かったなあ……。湯上りのラムネが最高に美味しかった。
また行きたいなあ。

阿蘇の景色は、中学校の修学旅行以来でしたけど、やはり良いものですね!!
360°どこを見回してもぐるりと山に囲まれているというスペクタクル!!
黄緑の草原!!
大切にしていきたい景色です。

その日の夜は、熊本名物、太平燕[タイピーエン]をいただきました。
春雨チャンポンです。これも美味しかった。

なにやら、とりとめもなく感動を書きなぐったような文章になっちゃいました(^^;
本当はもっと書きたいことはあるんですけど、この辺にしときます。
熊本のみなさん、ありがとうございました!!
人の縁って、不思議で素晴らしいものです。

最後に、写真をちょこっと。

阿蘇ゆたっと村の古民家です。
柱と梁の織り成す、縦と横のずっしりとした直線のバランスは、中にいる人を自然と清閑な気分にさせます。
僕が一番感動した話は、今年の6月に、ここでジャズのライヴがあったという話です。
行ってみたかったなあ!!
d0042155_17385144.jpg


古民家とセミ。
d0042155_17405413.jpg


これが、太平燕。
カロリーも抑え目で、女性にもオススメ!
熊本にお越しの際には、ぜひぜひ!!
d0042155_17421064.jpg

[PR]
by cos_ary | 2005-08-10 17:43 | 旅記

九州記(1)

どうも、御無沙汰しておりました。
弓道の試合などで、しばらく九州に行ってました。

というわけで、その辺の話をちらほらと書こうかと思います。
今回の試合は、西日本医科学生総合体育大会(西医体)という、西日本の医学生にとっては一年間で最も大きな大会。
というわけで、会場も大変立派なところです。
大分県別府市、ビーコンプラザ
なんていうか、現代建築な建物です。
建物の隅々までデザインが行き届いていて、思わず「ほゎー」なんて妙な声をあげてました。
とにかく、照明器具から案内板のフォントまで、一貫したコンセプトで作られている感じ。ほんとにすごい綺麗な施設でした。
一体、どんな政治力で建ったんだろうね(笑)

そして、弓道はコンベンションホールという、コンサートホールみたいなところでやりました。
あんなところで弓を引いたのは、初めてだなあ。
そして、今後もきっとないだろうなあ。
施設側としても、弓道のためにあのスペースを貸し出したのは初めてだろうなあ。
あそこを試合会場にしようと思った主幹の大分大学の人はすごいなって思いました。

試合の方はですね、僕は個人戦の出場だったんですけど、思ったより中りましたよ。
試合直前に弓を変えて、全然中らなくなってたんで、今回は駄目だろうと半ば諦めていたんですが、一次予選くらいは通過しました。
二次はさっぱりだったけど。
まあ、自分にしちゃ、まずまずってところです。
(※弓道の試合形式について。
  個人戦は、一次予選と二次予選というのがある。
  一次は、4本中2本的中すれば通過。二次は、4本中3本。
  その後は、射詰めと言って、外した人から落ちていく。
  で、最後まで残った人が勝ち。イッツ簡単シンプル)

とりあえず、弓を引いてる最中、行きがけのサービスエリアでかかっていたサンタラの「バニラ」(*参考)が脳内を激しくリピート再生していたのが面白かったです。
あと、選手の調整用に巻藁(藁の束に向かって、矢を打ち込む)を用意してあったんですが、その巻藁場のスピーカから、何故か隣でやっていた宗教団体の集会の音声が聴こえていたのも楽しかったです。なんでBGMが「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(タイタニック)なんだよ! とかつっこんでました。

以下、写真を少し。
ビーコンプラザの横に、グローバルタワーという不可思議なデザインの塔が建ってまして、そこからの景色。(夜景)
(グローバルタワーに関しては、上記ビーコンプラザへのリンクから参照できます)
d0042155_22451180.jpg

右の方に見える黒いのが、おサルで有名な高崎山です。

ちなみに、ちょうどこの日、花火大会があったらしくて花火が見えました。
(写真がぶれててすみません)
d0042155_17144975.jpg

……花火って、スペクタクルなイメージがありましたけど、こんな小さな花火を見たのは初めてです。しかも上から。

このグローバルタワーも、なかなか凝った内装で、ガラス張りの階段なんかは宙に浮いているような奇妙な感覚でした。
d0042155_17173933.jpg

写真が傾いているのはご愛嬌、ということで(笑)

最後に、別府はかぼすの産地らしくて、いたるところにかぼすグッズが。
これは、かぼすジュース(ペットボトル)のキャップです。
かわいいよね。
d0042155_17195333.jpg

[PR]
by cos_ary | 2005-08-10 17:19 | 旅記

流浪の民

昨日のことを書かせて下さい。

朝、突然一本の電話。
「おっす、俺だけど、ドライブ行こうぜ」
「いいよ。どこに行くの?」
知らない
「ひゃっほう!」

……と言うわけで、その一時間後には、二人で国道53号戦をとりあえず北上中。なんとなく、鳥取へ行くことに。鳥取在住のSに電話をしてみます。
「あ、もしもし。4時間後くらい、遊びに行っていい?」
「ゑ?」
……そりゃあ唐突だもんなあ。
結局快く受け入れてくれたので、この瞬間、鳥取行きが決定。菩提寺の大銀杏なんかを見たりしつつ、鳥取を目指します。

鳥取市内に入ったので、再びSに電話。
「家の前まで行きたいのだけど、周りに目印になる建物とかある?」
ないよ
……うん、さすが鳥取。
とりあえず、西に向かえというSの案内に従い、あとはカーナビの助けを借りてなんとかS邸に到着。

「鳥取砂丘を見てみたい」
というS(鳥取在住)の要望に沿って、一路砂丘を目指すことに。
現れたのは、砂の壁でした。なんか、やたらでかい斜面なのですが、遠目だと壁にしか見えないんです。
そこを、ダッシュで駆け登る三人。隣の緩やかな斜面になぞ、目もくれません。
しかし、どんどん砂が崩れるため、はっきり言って、ほとんど進めません。登りきるころには、心臓がやや大変なことに。
斜面の上からは日本海が見渡せたので、しばらく海を眺め、それから、もと来た斜面を駆け降りました。降りるのは楽しかったな。足元がふわふわしてるから、独特の浮遊感がありましたね。まあ、わりと靴の中が大変なことになりましたけど。砂の粒子が細かいから、靴下の中まで入ってくるしね。

砂丘を後にし、鳥大近辺の食堂で遅い昼食を取って、それからSと別れて岡山に帰りました。
いきあたりばったりでしたが、中々充実した一日でしたね。
ところで、鳥取砂丘を歩く人々は、遠くから見るとなんだか水を求めてさまよっているようにしか見えませんでした(笑)
d0042155_2347371.jpg

↑水を求める流浪の民
[PR]
by cos_ary | 2005-06-13 21:36 | 旅記