ラルフに会う。

ic! berlinのデザイナ、ラルフ・アンダール氏が岡山に来ました。

そうです、こないだ騒いでたあれです。*

いきなり「ic! berlin」とか言われてもわからない人が多いかと思うので、一応簡単に説明しておくと、ドイツの眼鏡メーカーです。そう、眼鏡。

なんというのか、ドイツらしい洗練味と言いますか、ネジを使わない独特の構造により軽さとかけやすさを両立しています。

とにかくこの構造が本当に変わってて、思わず何度も眼鏡を開いたり畳んだりしちゃいます。

これ考えた人すごい。

さらに、負荷が加わると分解するようにできているので、フレームが曲がる心配もない(まあ曲がる時は曲がるでしょうが)。

なんというか、機能性とデザイン性に優れた素敵な眼鏡なんですよ。まあ、とにかく実物を見て欲しい。ほんと素敵。



で、そんなic! berlinのMr.ラルフが岡山の眼鏡店に来ると。

そりゃあ行くしかないじゃないですか。

d0042155_2144932.jpg


お店の外観。ここからして、ic! berlin一色になってますね(以前の看板は999.9だったと思う)

ドアを開けると、中にはic! berlinの新作がずらり。

d0042155_2147572.jpg


数が多すぎて、正直何がなんだか(笑)

従来のモデルのマイナーチェンジとかも含まれてるんで、これだけの数になってるんですよね。

モダンとノーズパッドが改良されてて、かけ心地も良さそうです。

ic! berlinの眼鏡は一つ一つのモデルに人の名前がついてて、それを見て回るのもまた楽しい。

時々日本人の名前なんかもあって、おっと思う。

色々かけてみた感じでは、わりと「keiko」がお気に入りです。

d0042155_2152381.jpg


新作が並ぶすぐ隣では、パーティが。

僕もドイツビールをいただきました。なんかビールを飲んでるのは僕だけでしたが(笑)

調子に乗って3本も飲んでしまいました。

ドイツW杯に先駆けて、サッカーゲーム「ラルフ杯」も開催。

サッカーゲームってのは、あれです。あの、横に並んでいる人は全員同じ動きをしなければならないという、業の深いおもちゃ。なぜかみんな両足でボールを蹴るあれです。

僕もやりましたよ。負けたけど。オウンゴール連発。

優勝したら、ic! berlinの特製テンプルがもらえたんだよね。欲しかったなあ。

まあ、本体たる眼鏡を持ってないから意味ないけども。

ちなみに、上の写真で奥の方にいる、ゆでたまごみたいな人がラルフ。

かなりでかかったです。

アディダスのジャージと、ナイキのスニーカ、ルイ・ヴィトンのバッグ、というのが彼の「ユニフォーム」なんだそうです。

白づくしでかっこいい。

ヴィトンのバッグを持っても嫌らしくない人は、初めて見ました(白だから、というのもあるのかな)。

d0042155_21584735.jpg


最後に、記念撮影。

どうせなら、ic! berlinの新作をかけて撮らせてもらえばよかった。

この眼鏡は、999.9です。申し訳ない。

どちらがラルフかとかは説明しなくても良いですよね。



そんな感じで、大変楽しませていただきました。お寿司まで食べたし。

お金払ってないのにいいのかなあ。

ぽんかんも、来ればよかったのに。



六月には、theoのイベントがあるらしいので、また行こうっと。

theoも欲しいなあ。



なんか、珍しくブログらしいですね。
[PR]
by cos_ary | 2006-05-30 22:10 | 日記


<< 今週の検索ワード ほしいもの >>