「日本語チェック2000辞典」

届きました。さっそく100問ほどやってみます。
さすがに大学生ともなれば、中学当時よりも語彙が増えてるようで、大概の言葉は知っています。けど、ときどき、あれっと思うようなのがあって、そいつらをチェック。
新巻鮭は、粗撒鮭らしい。粗塩を撒くから。へぇへぇ。

やってて感じたことを数点。

・隘路、アイロニー、アウフヘーベンはやっぱり最初のページだった。
・中学生とはいえ、当時は知らない単語だらけだった。愕然。
・だって、これ、どれも一般常識レベルだよ? なんでそんなに知らないの。
・しかし、その一般常識が備わっていない人種が、中学生というものか、と再認識。
・ところで前書きを読むと、どうやら高校生・大学生向けの本らしい。
・びっくり。


そんな具合。
中学生にこの本をやらせてたうちの学校は、今思えばなかなか高度な教育をしてたみたいです。
まあ「やれ」と言ってもやらないのが中学生、効果はいかほどのものだったかはわかりかねますが……。
現に高校のとき「箴言」の読みを答える問題で、僕とぽんかんしか(二人ともこの本をやっていない)正解者がいなかったのは、どうかと思いますし。周りのやってた人たちも、漫然と解くだけで身についてはいなかったのでしょうね。
中学生が自発的にこの本に取り組めば最高なんでしょうけど、そんなこともなかなかなさそうですし……。

なんにせよ、とにかくよい本なので、今これを読んでいる中高生諸君は、ぜひとも自発的に取り組むべきだよ。
お兄さん、嘘つかない。
[PR]
by cos_ary | 2005-10-21 01:14 | 読書


<< Others 「黄色い遺伝子」 >>